大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

魂のゆくえ

a0000273_12224816.jpg
購入してから既に一年位経っちゃっていたんだけれど、ピーター・バラカン氏の著作のソウル・ミュージックの入門書的な「魂(ソウル)のゆくえ」を読んでます。
これ、非常に面白いです。
モータウン、スタックス、マッスル・ショールズなど、、当時勢いのあったレーベルにまつわる話し、もちろん、アーティストの出現、楽曲のエピソードなどなど、、すごくワタクシ的には知らなかった事が多いので面白過ぎるくらいです。
ですが、面白いんでさくさく進み過ぎちゃわないようジックリ読んでます。


ちょっと前からですが、ボストンで活躍されているTomo Fujitaさんと言うギタリストでもあり、あのバークリーでも授業を受け持っている(今では助教授だとか)方のニューアルバムを友人から紹介されて聞いてみました。
あまりにも素晴らしかったので、ワタクシもオンラインでオーダーをしました。
今のところ自主出版と言うインディーな感じらしいのですので、良いものにはちゃんと対価を支払いアーティストに敬意を払いたいです。
今後もまた素晴らしい音楽が彼の指先から生まれるのを期待したいですしね。


実は日本でも大手レコード・レーベルがダメになってるのは皆さんもご存知でしょうが、インディーから音楽シーンに元気を取り戻そうと言う動きがあるようです。
いい作品作ってパッケージにしても売れないし、レコード・レーベルもお金無いからプロモーション用もしてくれないし、結局は優れた作品が出来てもオーディエンスに認知されずに終わってしまう事ばかり。。それじゃあんまりだし、命を削ってでもって思いで作品を想像してるアーティストは本当に気の毒ですものね。
多少売れたとしてもアーティストの取り分はちっちゃなものですもの、、。こんな状況は絶対ダメですよね。

しかしながら、今はインターネットはありますし、例えばMySpaceから日本と言う枠を超えて世界に向けて出て行くチャンスだってあるわけだから、、我々ミュージシャン自身もがんばらないと行けない訳ですよね。
いい音楽やって、それを継続、発展出来るような環境を作り出さねばいけません。
[PR]
by blue_koichiro | 2010-06-11 12:23 | music