大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TWINS 1&2

1982年に開催された“オーレックス・ジャズ・フェスティーバル”をヨコハマスタジアムのアリーナ14列目で観ました。
直ぐ前列には高島忠夫が『イエェーーっ』って叫んでました。(本当か?)

この日はとても豪華なアーティストの顔触れでした。
ウェブで調べればきっと詳細が分かるのだけれど、思い出したなかででも、デイブ・ブルーベック、ロイ・へインズ、J・J・ジョンソン....
a0000273_1971174.jpg

でも、やっぱ一番インパクトがあったのは“ジャコ・パトリシャス・ビッグ・バンド”でした。あのジャコが観れると言うだけでワクワクしていた小僧でしたが、それまでちゃんとウェザー・リポートも聴いていた訳ではなかったはず。でも、ジャコは何故か一番楽しみにしていたんですね。もちろん、バンドでドラムをプレイするピーター・アースキンや、トランペットのランディ・ブレッカーなんて言うのもお目当てではありましたがジャコが観れると言うだけでドキドキでした。

バンドがステージにセッティングを済まし、司会のイソノ・テルヲ氏に紹介されてジャコが登場した時にはすごい興奮だったと記憶しております。

アリーナ席であのビッグ・バンドの素晴らしい演奏を聴いて、席でずっとぶっ飛んでいました。とにかく今でも鮮明に覚えているコンサートの一つです。

当然の事ながら、後日レコードがリリースされ、これまた当然のように2枚のライブ(2枚組ではなくて2枚になっていた)を購入し、カセットに録音して何度も何度も聴いたのでした。

そのレコードは当時つき合っていた女性の弟に貸したきり帰ってくる事は無く、カセットもよれよれとなり、揚げ句の果てに満足にカセットを聴く環境すら無くし暫くこのライブバンと接する事が無くなってました。

しかしきっかけは突然やって来るものです。
show-zonoさんの“SOUL MUSICを聴こう”でシールス・ツールマンのクロマティック・ハープの話題でこのアルバムの事を思い出しました。
たまたまアマゾンに1枚在庫があり、早速オーダーして手元にやってまいりました。
CDでは2枚組として発売されてます。ジャケットも当時のものとは変わっちゃってますね。
久し振りに聴いて、当時の事が鮮明に思い出したのと、改めてすごい演奏だと再確認しました。

いやいや、本当にすごいライブだ。
[PR]
by blue_koichiro | 2004-10-11 19:07 | music