大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

使ってきたドラムの事

初めて自分の楽器を手に入れたのは中学2年生だったと思う。
パールというメーカーの入門者用の“Challenger Mark II”と言う20インチのベードラ、12,13のタム、14のフロアタム。この楽器は知り合いのところを巡り巡って現在は近所の高校にあるんだ。この楽器は主に家で使っていたな〜、家ではもちろんがんがん叩く事が出来ないのでドラムの上にぼろきれ乗せたり色々詰めたりして音が出ないようにしてね叩いてたな。当時は車なんかで運べなかったら中学から掃除の時に使うリアカーを持ってきて裸のまま乗せて運んだりしたんだ(笑)

高校を卒業する頃、仕事でキチンと使える楽器が欲しいと思い出して、当時アイドルだったドラマーが皆ヤマハを使っていたと、ヤマハの教室に通っていて楽器の雰囲気を一番知っていたヤマハの“YD-9000R(後のレコーディングカスタム)”のJADE GREENと言ういわゆるブリティッシュ・グリーンのカラーの楽器をオーダーしました。当時はこれ受注生産だったから3ヶ月くらい待たされたな〜。この楽器は後から色々タムやベースドラムを買い足したりしてすごい点数になってました。

高校を卒業してから、プロとしてのキャリヤ(って言うほどじゃないけど)がスタートして仕事場で使う楽器が別に欲しくなってきたんです。“YD-9000R”はすごく大事にしていたから夜店(クラブとかキャバレーで)使いたくなかったのね。と、そんな事考えていたら友人が「ドラム辞めるから引き取ってくれない?」って言ってきたのでその友人からパールの“プレジデント”と言うドラムを買いました。ワインレッドの渋いカラーだったのですが、シェル(ドラムの胴の部分)がファイバーグラスで出来ていてパワーがあって、なによりも夜店なんかでの湿気とかに気を使わなくてすむのが良かった。でも、この楽器はそんなに愛着もてなかったし活躍したと言うほどでも無かったな。

次に買ったのはソナーと言うドイツ製の楽器なです。“シグネーチャー”と言う最高級シリーズだったな。これは中古で買いました。それでも80万位したと思う。当時は今以上に高かったんですよね。この楽器はすごく話題になっていてスタジオで活躍しているドラマーは皆国産からスイッチしていた感じでした。
ちょうど林立夫さんがユーミン(松任谷由実)のリ・インカーネーションというアルバムで使い始めたり、青山純さんが山下達郎のメロディーズから使っていて、あのシグネーチャーの音にすごく憧れちゃいました。
でも、この楽器との蜜月は短かった。本当に短かったのね。
数回使っただけ。
購入した後に分不相応だってすごく思っちゃった。実際全然叩きこなせなくて、好きな音じゃなかったのね。もちろん、自分の技術も無かったのは認めるけれど、全然違ったのだよねイメージと。この買い物は世紀の大失敗だったなぁ。

で、直ぐ売っぱらっちゃいました。
シグネーチャーと、レコーディング・カスタムの数点、プレジデント。
これを元に購入したのがパールの “MX”というメイプルのドラムセット。アンティーク・アイヴォリーなんていう渋めのカラーでした。ちょっと黄ばんだ白鍵みたいな色。フェンダーのアイヴォリーよりちょっとだけ白ぽいかな?
この楽器は暫く使いましたね。とにかくパンチがあってイカシテました。当時出演していた六本木のライブハウスに良くラウドネスの樋口さんとパールの担当者が来ていたのですが、樋口さんが『MXはバリやろっ!!』っていつも言っていたなぁ〜
でも、この楽器使っていたらどーしてもヤマハのドラムが恋しくなってきちゃって、またしても“レコーディング・カスタム”を再購入。今で言うエクストラ・ディープっていうサイズでシェルの口径=深さっていうシロモロ。カラーはステージ・ホワイト。これね、すごく良いタイコだったのね。いい音してた。特にベースドラムがいい音してた。この楽器はすごく大事に使ったし、色々仕事もしたなぁ〜。でもね、見た目がでっかくてね〜、サイズの割に威圧感ありました。
すごく満足していた楽器だったのだけれど、出会っちゃったのよね、意中の人と(笑)

ヤマハはそれまで頑なにバーチと言う素材にこだわっていたのね。
でも、とうとうメイプルのドラムを市場に投入したんです。
そう、“メイプル・カスタム”です。
これはワタクシ的には事件でした。衝撃的な出来事でした。
でも、暫くは静観していたのね、レコーディング・カスタム気に入っていたから。

たまたま渋谷の道玄坂にあるヤマハに寄る用事があって叩かせてもらったのが運の尽き....印象すごく良かったのです。
それから、頭の中メイプル・カスタムでイッパイ、イッパイになっちゃって...結局、買っちゃいました。
カラーはナチュナル・メイプル。木目のままのやつです。
このドラムは手にした時もインパクトすごかったんですよ。
だって、下ろしたてで、いきなり鳴っちゃうんですから....ビックリでした。
それから、異常に使いやすい楽器で、チューニング(音作り)がしやすくてね、期待していた以上に気に入っちゃいました。納品された翌日に直ぐステージの仕事があったのだけれど、なにも考えずに持って行っちゃったなぁ。でも全然大丈夫だったですよ。音の事もトラブらなかったしね。

このメイプル・カスタムはかれこれ、10年以上のつきあい何だけれど、使い込むうちにドンドン良い音になってきてる。次にドラムを買う事があっても手放す事は無いと思うなぁ〜。

この楽器の事はまた、いずれ書いてみようと思ってます。

これだけ長くドラム叩いてきてると、結構いろんな楽器使っているんですね。自分でも驚いたりして(笑)
[PR]
by blue_koichiro | 2005-01-21 11:52 | goods