大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

久しぶりのCD購入

ここ数日、ある問題が起きてちょっと考える事がありました。
バンドの話なんですけれどね...
人間同士の事ですから色々あるものですね。

しかし、これは生徒にもいつも言ってる事なのですが「永遠に続くバンドなんてない。いつかは終わりが来る。それを頭に入れておく事」
それでもバンドは面白いんです。やめられない。
それで良いとは思う。
でもなぁ。。。

ま、いいか。



a0000273_12594490.jpgさてさて先ほどアマゾンから数枚注文していたアルバムが届きました。
まりえさんのブログで紹介されてて超・気になっていたGeorge Dukeの"Duke"、Michael McDonaldの"Motown Two"そしてPaul McCartney "Tug of war"の3枚。

Paulのアルバムはリアルタイムで買ったのでレコードだったんだよね。ずっとカセットで聴いててここ20年くらい聴いてなかったかもね。
Tug of warと言えばStevie Wonderとのデュエット"Evony & Ivory"なんてメガトンヒットが有名なんだろうけれどStevieとのもう一曲"What's That You're Doing"がお気に入り。演奏はほとんど二人で演ってて"Evony & Ivory"はPaulの世界にStevieが上手く溶け込んでる感じなのですけれど、この"What's That You're Doing"はバリバリにStevie色なんだよね。こういった世界でのPaulの歌ってすごくカッコいいんだよ。ファンキーにもちゃんと歌えるって言うのがPaulの懐の深さを感じさせてくれる。
それから嬉しいのはエンディングに“♪She loves you yeah yeah!”ってリフが出てくるのがThe Beatlesのファンのワタクシには嬉しかったり^^
PaulがWingsと決別してひとつの区切りのタイミングに発表した作品でもあるけれど、素晴らしく内容が充実してる作品だと感じます。

Dukeの方は。
今コレを書きながら聴いてるんですが、心地よいアルバムだな。
2005年のリリースなのでまだ新しいですよね。
好きです、このアルバム。
これはこれからの季節でも聴いてて気分も良いし愛聴盤になりそうです。

この時点ではまだMotown twoには至っておりませんが、前作Motownの続編には違いないのでこれも楽しみ。
Michaelのモータウンへのリスペクトで作られてる作品で、彼のモータウンの名曲をどう料理してるのかって言う所が聴きどころです。
前作が素晴らしかったので期待してます。

理屈じゃなく、今あるがままのGeorge Duke。---”あなた”の感性が求めているものは 何ですか?
[PR]
by blue_koichiro | 2006-04-21 12:36 | music