大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

世良さんと原田さん

世良&原田が往年のヒット曲連発!渋谷でジョイント・ライブ

こんなライブがあったのは知らなかったのですが、、知っていたら行ってみたかったな。
デビュー30周年を記念して世良公則と原田真二が渋谷でジョイントしたんだそうだ。30年か、もうそんなになるだね。
当時は世良、原田、Charの3人で「ロック御三家」なんて言われてたっけ。
それまではロックミュージシャンはあまりテレビ、特にトップテン番組に出てこなかったのだけれどこの3人は普通に登場してましたね。ロックをお茶の間に広めて近いものにした功績は大きかったのでは無いかと思います。
そういうワタクシも、彼らがテレビに出たらカブリツキでテレビを見た覚えがあります。Charはギタリストとしてカッコよかったな。しかし中学生だったワタクシはあのデビュー曲がなぜ「気絶するほど悩ましい」だったのか釈然としていなかったのは凄く覚えてます。“どーして歌謡曲なのさっ”ってね。別に筒見京平さんと阿久悠さんの楽曲が悪いとかそんなんじゃないし「気絶するほど悩ましい」は当時も今でも嫌いな曲じゃないんですけど、どうしてロックじゃなくて歌謡曲なのかって子供心に思ってしまっただけ。

世良公則&ツイストはYAMAHAの主催するコンテスト“ポプコン”から出てきたバンドでしたが「あんたのバラード」にはやられましたね。テレビの前で凄いヴォーカルだなぁって思ったな。でも、ツイストって言うバンドは中学生のワタクシからみてもアマチュアとプロの微妙なバランスのバンドに見えてました。ギターの人(ウマさんって言われてた?)はテレビのブラウン管越しにも何か伝わってくるプレイしていたしベースの鮫島さん(元ハウンドドッグ)もカッコよかったんだけれど...そう言った意味では原田真二は一見ポップでしたが楽曲も良くてバンドも玄人受けしちゃうメンツでした。何たってギタリストには青山徹さん、ドラムには古田たかし(佐野元春さんのバンドで有名)でしたもん。丁度スタジオミュージシャンがもてはやされ始めてた頃だし原田真二がテレビに出る時には釘付けでした。

Charはジョニー、ルイス&チャー〜ピンク・クラウドを経て再びソロやバホでやってるし、世良さん、原田さんも現役でやっているのは嬉しいなって思います。
機会があったらステージ拝見したいですな。
[PR]
by blue_koichiro | 2007-08-16 11:03 | music