大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

相変わらずメニューのない店

a0000273_23152572.jpg
実家のある育った街にあるレストラン(飲み屋とも言う?)なのだが、ここへ行けるのは年に1度位で、今夜も急に思い立って遠回りだったけれど寄ってみた。
解放された時間も早かったし、コンビニや、ファミレス、牛丼屋と言う気分になれなかったので1人でフラリと行ってみたのだ。

店の扉を開けてみると客はまだ誰もいなくて、ワタクシが最初の客のようでした。
相変わらず、この店はメニューが一切ない。
取りあえずは生ビールを注文してトマトソースのパスタが食べたいとマスターに伝えると「OK」とだけ堪えてくれた。世間話を交わしているうちに50半ばの男性が同じくカウンターのワタクシの直ぐ左隣にやってきた。彼は顔なじみの客らしい。ワタクシも回数こそ少ないけれどしっかりマスターは顔を覚えていてくれて古くからの友達のように接してくれる。マスターと隣に来たおやじさんとラーメンやら何やら食物の話で盛り上がっていると、次から次に目の前に料理が並ぶ。酢の物、昆布のあえ物(なんて料理だ?)、甘エビ、そして粋なりオムレツ。注文したのは確か、、、ビールとパスタだけだったのだが、、、(笑) そうこうしているうちに「餃子食うか?俺の餃子は他のとは違うぜ。牛、ブタの肉満載(確かそんな風に言っていた)、ニラ、ニンニクだけだ」と本当にドーンと餃子が出される。本当にその餃子が美味しいので最高なんだけど、、既にこの時にはお腹がいい感じで満たされてきてる。「じゃ、これからパスタ行くからな〜」と言われて内心「え?(汗」って言う感じなんだけれど、容赦なくドーンとパスタがやってくる。ホタテが入ってるシーフードっぽいパスタですが、ハラペーニョが入っててピリカラでなかなかいける。何事もなくワタクシの胃の中に吸い込まれていってしまったが、流石に食べ終わってお店を出てみればお腹がいっぱいでした。頼んでもいないのにどんどんと料理が出てくると内心お勘定が心配になるのだけれど、生ビールを2杯飲んで、お腹一杯に食べて、楽しくおしゃべり出来てあの値段(幾らだよ)なら決して高くはないので、たまの豪華な1人飯と考えるならば良い選択であると納得であります。

次回はいつ行けるのかな?
誰か一緒に行きますか?(笑)
[PR]
by blue_koichiro | 2008-03-03 23:16 | eat