大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

エキサイティングな一日

a0000273_12282253.jpg
昨日は実に良く歩いた気になってるワタクシです(笑)
南新宿でオバQを降りて、最近お気に入りの代々木のラーメン屋で遅い、遅いランチをガッツリ食べて明治神宮内を通り抜け原宿経由でAppleStoreへ。
ジーニアスバーに用事を思いついたので寄ったまでなのだが、夕方のそんな時間、予約もせずにノコノコ行ったってその日の予約は既に一杯で話しにならないのね。計画性の無い自分がいけないと素直に諦めて楽器屋をチェックする。
気になっていた楽器が試奏出来る様だったので楽器をチェック。なかなか好印象の楽器だったけれど自分のニーズとは違ったと確認出来たのは良かったね。
以前から気になっていたPeter Erskinと言う名ドラマーが書いたメソードを購入して、いくつか他にも楽器店を見て周り、東急本店前のStarbucksで久し振りにコールド・ドリンクを摂取。ジャバチップフラペチーノを飲みました。もちろんショーとサイズで(笑)
その時間で丁度18時。スウィートベジル20開演のライブへ目指すには歩いて向っても十分に間に合いそうだったので六本木までの移動手段を徒歩に決心。
GRⅡを片手にノンビリ散策しながらと思っていたけれど、六本木通りも家路を急ぐ会社員の方々の波が厳しく意外とノンビリなんて歩けはしなかった。それでも広い通りの箇所や六本木ヒルズのあたりは立ち止まったりパシャパシャとシャッターを切ってみたり。
代々木から歩く途中もBrightkiteで写真付きでポストしたりしていたのでGRⅡとiPhoneを取っ換え引っ換えで忙しかったかもね(笑)

ライブの開演時間には余裕のよっちゃんで1時間前には到着して、会場内で知った顔の方々を見つける事が出来き、そのグループに加えてもらって歩き回ったご褒美にビールをガブガブ、くっはーっと頂きましたな。

コンサートは2セットあって、非常に面白い、楽しい演奏でした。
女性3名のminimumsと言うパーカッションユニットでマリンバ2台にパーカッションの編成。この日は渋さ知らずに参加してる英国人のチューバ吹きも一部ゲストで加わり演奏に面白みを加えてました。
途中グルーブも感じさせてくれる演奏もあって非常に楽しかったけれど、ちょっと複雑なタイプの楽曲は少々辛かったかなって言うのが正直なところ。本人たちにとってはチャレンジだろうけれどマリンバ2台ではバッキングとリードのアンサンブルが複雑に聞こえ過ぎてアンサンブルが伝わってこないと言うか、、メロディーラインの分かりやすい楽曲の方が栄えるバンドだと思うね。
でも、楽しかった曲が多かったのは間違えない!これからもどんどん活動を増やして成長して欲しいなって思いました。

てな事を思いつつ、次に用事があったのでアンコールの途中で失礼させてもらい青山を目指して移動。
Japan Music Weekと言うイヴェントが秋に行われるのですが、その関連のパーティーがあり関係者からもちょっと誘われていたので顔を出す予定でした。でも、ライブ終了が思っていた以上に遅かったので本当にパーティー終わりにチラットだけって言う感じになるなと思って移動していたけれど、会場付近で関係者の友人達と遭遇。「もう終わりだし、中グチャグチャだから近くで飲もう」って言われて終電近くまで外苑付近の居酒屋で話して別れました。
どんなイベントに成長出来るか、興味を持って見守りたいのと何か手伝い出来る事、関われる事があったら面白いなと思ってます。

そう言えば、移動中には何年ぶりかに懐かしい友達から電話がありました。
こっちは一昨年くらいからその人とミュージシャン繋がりで繋がっていたので連絡とったりしていたのですが、いっこうに音沙汰もなく半ば諦めていたのだけれど「今月の○○日にレコーディング手伝ってくれない?」といきなりのオファー。
まぁ、何と言うか、そういう人なのか、、汗
彼女が世に送りだしたアーティストもいくつかあるので実績のある人なんだけれど、、さてさて、今回はどんなアーティストなのかな?
とにもかくにもレコーディングを楽しみにしておきます。


久し振りにオフ日だったけれど、良く動いたし色々な出来事もあってエキサイティングな一日でした。
[PR]
by blue_koichiro | 2009-06-11 12:30 | diary