大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー

<   2004年 11月 ( 82 )   > この月の画像一覧

こんな時間まで何やっているんでしょ?
リハから帰ってきて風呂入ってビール飲んだらこんな時間になってしまいました。

a0000273_442314.jpgこのカメラは母から譲ってもらった物なのです。

なぜ、母がペンタックスの一眼レフを所有しているのかはよく解りません。
別に母は写真家でも何でもないんですよね。
写真が趣味と言える訳でも無いし...

で、このカメラ、ちょっと前に貰っていたのですが、使い方が“チンプンカンプン”なのであります。
とりあえずはボタン電池が切れているだろうと思って新しいのと入れ替えました。
電池が入っていたらファインダー覗いた時に何かインジゲーターが出ると聞いた事があるのですが、試したら“うんともすんとも”言いません。電池の方向も入れ替えてみて試してみましたけど変化なし。
デジカメも手に入れたので使う機会なんて無いのではと思ったのですが、こういったメカは使ってないと動かなくなっちゃいそうですので、使っておこうかという気持になりました。

はたして、ワタクシこのカメラを使えるようになるのだろうか?
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-30 04:43 | goods

お約束と言う事で。

a0000273_20323258.jpg

豆を買うついでに一杯。

ちょっと甘いものが飲みたかったのと、今のうちに飲んでおきたくてね。

はい、“ホワイトチョコレートモカ”でございます。

あま~くていいねぇ~


豆は久しぶりにイタリアン・ローストを買いました。


スターバックスへ寄る前に少しブラブラしたらボブルビーを扱っているお店に吸い込まれました。

実は昔からボブルビーって欲しいバッグの一つなんだ。
メンターと言うタイプの青いやつがいいなぁ~

欲しいとは思うけど、他にも沢山機能的で欲しいと思うバッグがあるからいつになったら買うのやら…
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-29 20:32

嬉しい話題だな

この記事によると大学でMacintoshを導入する例が増えているのだそうだ。

現在、販売されているMacのOSはUNIXが使う事が出来るので、一台あればUNIXと通常のレポートなのどの作業がでると言う点でポイントが高いんだって。

これからはMacを使って育ってきた学生がドンドン増えるのだね。
その学生達が社会に出ていったらWindows一色であるビジネスシーンでもMacが増えるかも知れないよねぇ。
日本におけるMacの存在って未だに薄いですから、こういうのをきっかけに認知度高めて欲しいなぁ。

そういえばiPodがバカ売れしているおかげでMacへの乗り換えする人もいるんだそうですね。


「Mac大学で人気上昇中 「基本ソフト便利」導入相次ぐ 」
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-29 14:45 | computer
'80洋楽バンドとブルースバンドのLive

昨日のライブの事

友人でもあるライブハウスのオーナー兼エンジニアのH氏から頼まれて彼自身が歌うバンドで叩いてきました。
本当はレギュラーで叩いていいられる方が入るのですが、代役を立てなければならない事情が有りワタクシに頼んできたのです。
いつもブッキングやらお酒飲ませてもらったりとお世話になっているので快く引き受けました。
んが、しかーし。
リハーサルは23日の夜に2時間ほど。実際は1時間ちょっとだったかな?全曲で6曲あるのですが、どの曲も2、3回づつ通しただけでした。彼らは以前からやっているレパートリーと言う事で慣れているのと、基本的にはブルースなのであまり細かい決り事は無いので「ばーっと」通すだけだったんですね。
でもね...
当日のワタクシと言えば仕事終わって急いで駆けつけてもステージ直前な訳ですよね。本番前のサウンドチェックも無ければ復習の音合わせも無し(笑)
まぁ、どうなる事やらと一抹の心配も無かった訳ではございませんでした。

仕事が終わってアシスタントで手伝ってくれると言う生徒taka君を連れてライブハウスに到着したのは19時ちょっと前。もう既に1つ目のバンドが演奏を終えてステージの上を片づけているところでした。
スタッフへ挨拶をしてとり合えず楽屋へ向かおうと思ったところへcrab氏がわたくしの肩を叩いてくれました。
(お忙しい中、来ていただけてありがとうございます>crabさん)
crabさんが終わった後に直ぐに帰らないのを確認して、楽屋へ手荷物抱えて移動して本番への用意をしました。
主な機材は23日のリハの時に預けておいたので、ステージに上がる前に機材をチェックしてアシスタントのtaka君にセッティングの指示をして軽くウォーミングアップ。

出番が来ました。
楽器を抱えていざステージへ。
すっかり最近お世話になっているハコなので勝手知ったるなんとやら、スムーズに手際よくセットアップ。
同じドラマーでもその人その人によって使う楽器の選び方、セットアップなどが様々です。たとえばイスの位置、高さだけとっても皆違う物なのです。「ぱっぱっ」と自分用にセットアップして行きます。今回はドラム・キットはお店のものを皆で使い回しました。ですが、やはり各自コダワリはありますのでスネアドラム、シンバル、ドラムペダルは持参してきます。

皆スタンバイOK!
ほいでは始めるぞー。。。

って言う時に。
メインボーカル&ギターのH氏ったら...
メンバーの方へ振り返り『じゃ、Cでジャーンと。』と言ってだけでお客さんの方へ顔を向けてしまいました。もちろん言われたメンバーは全員「・・・・・ん?」。そう、意味を分かっているのは本人だけ(笑)
いきなりMCが始まります。お店のスタッフやら何やらを紹介し始めました。やっと事情が飲み込めました。その時にコード一発で“ジャーン”と鳴らしたかったみたいです。きっとメンバーは内心「あぁ、そか、なるほど」って呟いたに違いありませんっ!!

さ、演奏が始まりました。
曲目のほとんどは「憂歌団」と言う今はもう解散してしまった日本を代表するブルースバンドの作品でした。
ステージの上では一見事が順調に進んでいるように感じますが、とにかく色々ありました(笑)
曲の構成が打ち合せと違うなんてざら、「をいっ、この先いったいどうなるネン」なんていう気持を抱きながら楽しく(?)演奏して行きます。ワタクシ今回は曲を覚えきれないのでちゃんと譜面用意しました。しかし演奏中に音圧などで譜面は演奏中に譜面台から落ちてしまう事2度も。1回目はtaka君をステージ上に呼びつけ直してもらい2回目は残すはエンディングだけだったので落ちた譜面が見えたので事無きを終えました。
ラスト・チューンはお馴染“The Blues Brothers”のSweet Home Chicagoを演奏して終了しました。

沢山のハプニングをこなしながら無事に演奏終了。
なんだか、ちょっと客席も盛り上がっていたみたいです。
ブルースだったせいでしょうか、いつもワタクシほどホットな感じにはならなかったです。でも楽しかったですよ。始めて一緒にやるメンバーばかりだったけれど、あまり違和感は無かったし音にも集中してたかなって思います。
やっている感じはバンドというよりもセッション的でしたね。
ま、こういうのもある意味刺激的で面白いな。

終わってステージからそのまま客席へ乱入。
crabさんの他にも馴染の友達も居て、皆一緒に音楽談義へ突入!!
ドラマーが集まってしまったのでドラミングの話を中心に色々語り合いましたね。
crabさんは結構長く居てくれて今回はゆっくりお話しさせていただきましたよ。
お子さんのラグビーの事なども話題になったりして楽しい時間を過ごせました。crabさんとはオフ会の時は席が離れていてゆっくりお話しした事が無くて、帰りの電車の中でお話したぐらいだったのです。
でも、本当にお忙しい中時間を割いてきていただけて本当に光栄でした。ありがとうございます、crabさん。

来月と2月にはレギュラーでやっているバンドのライブをやります。
また近い内にアナウンスしますので、いらしていただけたら嬉しいです。


うん、『やっぱ音楽はライブでしょ』 なーんて。
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-29 13:01 | music

と言うことで

a0000273_13352884.jpg

やって参りました、スターバックスへ。

カフェミストに泡をのせてもらいましたよ。

マイルドでいい感じ♪
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-28 13:35

めしー

a0000273_1332131.jpg

お腹へりへり~

時間もなけりゃコーヒーも飲みたい。
クイックにしっかりの選択でコレにしちゃいました。
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-28 13:32

いいねぇ〜青い空。

a0000273_9525567.jpg青く抜けるような青空。
雲ひとつ無いし、こんな空みていると気分爽快です。
当然バイク乗って何処かへ消えてしまうと言う事は出来ないのだけれど、仕事場まで向かう道中は楽しもう。

昨晩は良い月夜だったね。
月明かりで街が青く照らされていていい雰囲気だったなぁ〜
しかし風の強さにはビックリでした。
バイクで走っていても突風に煽られると焦りますし、なにしろ向かい風になると抵抗感が強くてスピードが出ない。
夜中もかなりの風だったので今日はいったいどんな天気になるのかと思ってました、

本日も晴天なり! 1日頑張りましょう。
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-27 09:52 | diary

一仕事完了。

昨日手を付けなきゃと思っていた楽譜をやっと書いた。
土曜日の生徒達がどうしても“ポル○グラフ○ティ”の「愛が○ぶ方へ」をやりたいと言うのでコピーして作譜しました。
a0000273_15202450.gif

んー、いつも思うけれど書いてて気分があまり乗らないんだよね。
これをレッスンでやるとなると何回も聴かなきゃ行けないし....

以前、ririkoさんにドラムの楽譜をお見せする約束があったのを思い出したのでアップしました。なんとなくわかりますか?>ririkoさん

所要時間、割りと丁寧に書いたので約1時間。
これで丁寧なの? っていう突っ込みは....まぁ、いいか(笑)
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-26 15:21 | music
「米アップル、日本で音楽配信ーー来春メドに、、、」

いよいよと言うか、やっとと言うか...
来春にはAppleのiTunes Music Storeが日本でも展開されそうです。
a0000273_10421428.jpg

水面下でAppleは日本の大手レーベルと交渉して来たのだろうけれど随分と待たされてますよね。
話のよると『邦楽中心』の品揃えらしいのですが、そんなものよりも(失礼、もちろん邦楽にも大好き尚且素晴らしいアーティストいますよ)CDで復刻されていないヴィンテージなポップやジャズ...そういうものを手に入れて聞きたい訳ですよ。
ワタクシ的にはやっぱり仕事上で知らない曲に出くわしたり沢山あるわけで、そんな時にiTunes Music Storeで検索して試聴出来ただけでもその存在に恩義を感じているので、作品がダウンロードで購入出来たらなんと素晴らしい事だと思っているん訳です。
ダウンロードで曲を買った作品が気に入ればパッケージ盤を手に入れたいと思うかも知れないし(多分ワタクシに価値を感じるものであれば迷わず買うでしょう)、レコード会社だって利益に繋がるとは思うのですが...いや、そんな単純な事じゃないのかな? 

ラジオだってお決まりの物しかかけない番組がほとんどなので、埋もれてしまっているし、しょっちゅうタワレコのようなところへ出掛けていってアルバムを物色出来る事がドンドン出来なくなってきているのだからiTunes Music Storeの様なシステムで音楽に出会う機会ってこれから重要になってくるんじゃないかと思うのだけれど。

ユーザに嬉しいiTunes Music Storeの展開心待ちにしておりますよ、Appleさん!!頑張って下さい!!!!
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-26 10:45 | music
ミニオフ
小さなオフ会なのです
こっちは必ずいく!

aoiuchiさんパオパオさんhiropodさんblanc_cielさんとご一緒します。
見てのお分かりの通り、バイク繋がりの皆様。
aoiuchiさんが素敵なお店にご案内してくれるようです♪
いやいや、楽しみです。

自転車乗りでなくても大丈夫です、良かったらいらして下さい。
詳細はトラックバック先へ〜
[PR]
by blue_koichiro | 2004-11-25 23:25 | eat