大好きな音楽とバイクなどの話。  自転車好きですが最近仕事の都合も合って全然乗ってません。ですので、殆ど自転車の話題は無いです。コーヒーとビールとMacとiPhoneなど興味のある事などを書き留めてあります。


by blue_koichiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライブレポです。

9月23日、新宿2丁目某所にて

私が参加のバンドが初めての単独ライブを決行しました。
10回目のライブにて初めてのワンマン・ライブだったのであります。

今回のライブではこのバンドでは初めて自分のドラムセットで演奏したのです。
国道246、桜新町の辺りにあるロイヤル・ホ○トでアシスタント君と待ち合わせ。
a0000273_15595670.jpg

腹が減っては戦にならぬとばかりパンケーキをコーヒーで流し込んで出発!

バンドは17時30分にお店前に集合だったのですが、お店近辺には17時前には到着したけれど、その店が見つからない(^^; グルグル2丁目を走り回っていてもラチが開かないと判断したのでバンマスの携帯にコール。無事にバンマスと会えて店まで誘導してもらう。
狭い路地なので、道路の真ん中に車を止め急いで楽器を車から降ろし、搬入をメンバーの方とアシスタント君に任せて車を駐車場へ。
夕方の時間だけれど、すでに街は怪しげなオーラを放ってる....


セッティングをすましてサウンドチェックをやるともう19時近く。慌てて近所のドトールへ軽食を取りに。携帯によっしーからのメールが...場所が分からないらしい...ドトールまで来てもらいました。
直ぐに開場の時間となりバンドも店に行こうと言う事になり横断歩道を渡ろうとしたら丁度crabさん、カジュボーさん、ぱんちゃん御一行が迷ってる。彼らも引率してお店に戻ると既にお客さんが入ってる。

ジロさん、まりえさんも無事に到着してる。演奏前はゆっくり話す時間も無く簡単に挨拶してたらショーの時間になってしまった。

始る頃には入り口から中に進めない人達も居るくらいの感じ。
もう、否応無しに気合いが入ります。
a0000273_15595455.gif

ドラムキットの前に座り、他のメンバーが所定の位置に立ち、準備が出来るのを待つ。この瞬間が1番めちゃくちゃ気分高まるんだよね〜。いつもながら気持ちよい!!!

一曲目はワタクシのスネアドラムの1小節のドラムフィル、気分はもーーースティーブ・ジョーダン(おおげさ)です(笑)
曲間はたまに短いMCが挟まれる他はどんどん繋がってゆきます。曲はバラエティに富んでると思います。ただし、ヴォーカルスタイルはかなり怪しいけど....
曲によっては10分を越える物もあるのでお聞きになってるお客さんはびっくりした方いるかも知れないな。

何だかんだと1時間30分は演奏していたみたい。
でも演奏してるとあっと言う間です。
あ〜〜〜〜っ、終わっちゃったーーーって言う感じ。
だけれど、ステージ前に少しお腹に入れておいたにもかかわらず終わった瞬間に凄い空腹感。ロックと言うのはやはりパワーがいるもんだ。(別に力で叩いていると言う訳じゃないです)


ライブ終了後もブロガーの皆さんはお店に残ってくれて一緒にお喋りして最終電車近くまで一緒に時間を過ごしました。
本当に、いつもいつも応援してくれてありがとうございます。


それにしてもライブは楽しかったなぁ。
インパクト強いバンドなので初めて観ていただく方には退かれてしまわないかと心配していたのですが大丈夫だったみたい(たぶん)。
盛りあがって楽しんでくれていた方達もいたみたいだし、演奏してても凄く気分良かったですよ。




さてさて、その翌日のライブの事です。


昨日のパーマネントなバンドは打って変わって僅か2回のリハ、実際は全員が揃ったのは1度だけのリハーサルで臨んだライブ。
今回はサックスのN氏とワタクシが中心になってメンバーを集めたんです。
ですから、今回初めてお目にかかって一緒に演奏するメンバーもいました。
初日のリハではお互いの感じを探り合い、2日目はメンバーが1人欠ける中で曲の進行やエンディング等の確認、アレンジなどを話し合っておいたのです。


当日14時にライブハウスへ集合。
今回はジョイント・ライブ形式で北海道からクリオネさんが参加してる“れぼりゅーしょん”、ワタクシの教え子のバンド、そしてワタクシ達の3バンドの構成。
昨晩のうちにワタクシの楽器は搬入&セットアップ済みだったので当日は結構ラクチンでした。
逆リハでワタクシ達からサウンドチェックをしてちょっとだけ曲の確認しただけだったなぁ。ワタクシ達の音楽はジャズと言う訳じゃないですがジャズのセッションの様な感じで軽く本番前に打ち合せしただけって言う感じでした。

教え子のバンドのリハも終り、れぼりゅーしょんさん。なんとエレキ・大正琴6台とドラムと言う大所帯ですので、ステージの上も身動き出来ないくらいな感じでしたね。それからエンジニアが音回りの確認が終わるまでに結構時間かかっちゃったみたい。予定していた開場の時間を大幅に回っちゃって結局開演は15分くらい押してしまいましたね。

お客さんの入りもまずまず、ステージ前にはベンチ席を用意してもらって、その他はスタンディングでした。
始る頃に楽屋から客席へ様子を見に行ってみるとcrabさん一家、musik_hibiさん、t2minaさん、jinさんがいらしてくれてる!! いやぁ、crabさんは2日連続で、しかも今回は奥さま、2人の息子さんまで一緒!!嬉しいなぁ〜。僕らの大きな音でびっくりしちゃわなかったかな?

れぼーりゅーしょんさんのステージが始まりました。
こうやって客席でれぼーりゅーしょんさんの演奏を聴かせていただくと大正琴の音って時にはマンドリン的だったり、バンジョー、スティール・パンのようにも聞えて来るから不思議。それにしても演奏される曲がバラエティに富んでて面白かったし、MCも軽快な感じで良かったですよ。

れぼーりゅーしょんさんのステージが盛況に終り、生徒の参加するポップなバンドも終り、いよいよワタクシ達の出番。
正直、ワタクシ達の出番の頃にはお客さんもまばらになってしまうんじゃないかなって思っていたのね。ワタクシなんて2日連続なもので案内はしていたけど何人の方に来てもらえるのか分からなかったんです。
でも、フタを開けてみれば、他のバンドのお客さんもいてくれたし友達が何人も。
ステージから見渡してお客さんがいてくれると言うのは非常に有り難くも有り心強いもんだなって思いましたねぇ〜。

ステージに上がって演奏前に軽く機材のチェックしてると....最後の曲の為に用意したスネアのヘッドが....「うっそーーーーーっ、なんで割れてる?」、そうなんです、ヘッドがざっくりと裂けちゃってたんです。実は、れぼーりゅーしょんさんのドラマーにこのスネアを使ってもらったんだけれどこんな状態で演奏させちゃっていたのなら本当に申し訳なかったていう感じです。演奏中に割れたのであればそれはそれで問題無いし、気がつけばもう1台のスネアを貸しましたが全く気がつかなかったですね。

まぁ、始る前に気がついたのは不幸中の幸い。その曲ではハードにプレイするので気がつかないで使っていたら演奏中にスネアを変えなければならなかったはずです。滅多いに無い事ではありますが焦りますよね。


さて、ワタクシ達の演奏が始ります。
1曲目からファンキーなグルーブの曲を。テーマに続きアルトサックス、ギターへとソロが引き継がれてゆきグルーブがグルグルと渦巻いてます。もう最高に楽しいっ!!
1曲目をガツンと聴いてもらって、ワタクシがMCでご挨拶。これ、MCですけれど、演奏以上に緊張なんですよね、マジで。普段やらない事はやっぱり苦手。マイクで話すなんて慣れてないし相当あがってました(笑) やっぱり台本くらい作っておけば良かったなんて後悔しながらもステージを進めてゆきます。
R&Bの名曲をグッと感情を込めてプレイして、美しいメロディーのバラード、そしてロックテイストな最後の曲まで気合いを入れて演奏しました。
ソロがある都合1曲が長めなので用意した曲は4曲だけだったんです。
アンコールの事なんて全然考えてなかったので、アンコールをいただいた時には嬉しかったですが、「どーする?どーする??」ってステージの上で慌てちゃいましたね〜。
ベーシストの一言でジャコ・パストリシャスの有名なファンクナンバーに決まっちゃったんだけれど曲のキー意外はなーんも打ち合せも何も無くて演奏しちゃいました。まぁ、普通の事と言われればそうなのかも知れないけれど最近演ってなかったなぁ人前でこういったのって(笑)
その曲も相当気分良く演奏出来て無事にワタクシ達の持ちステージも終了しました。

とにもかくにも盛況な感じでこの企画が終わったので、一安心です。
また、いつかこのバンドでもまた演奏出来たら楽しいなって密かに思ってます。近い将来またこのバンドがお目にかかれるかも知れませんのでその時はぜひ、ぜひ、いらしていただけたら嬉しいですねぇ。



先の不良中年バンド、また来月2本ライブ決定してます。
お知らせしますのでよろしかったらいらして下さいね〜〜よろしくお願いいたしまする。。
[PR]
by blue_koichiro | 2005-09-26 16:07 | off , party